CONTENTS




CONTENTS











愛犬グッズ販売







ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

チワワについて

 

 世界一小さいワンコ!最愛のパートナー

チワワの原産地はメキシコではないかと言われています。
9世紀以前メキシコの先住民族(トルテカ族)が飼育していた小型犬で吠えない犬テチチが
チワワの祖先犬と言われています。
メキシコの先住民族にとってテチチは宗教的な祭り事に使われていたらしく、民族の古墳
の中からテチチの骨が多く発掘されているそうです。

テチチがアメリカに渡り、改良固定されたのが現在のチワワです。
1850年頃、アメリカ人がメキシコのチワワ市から基礎犬を連れて帰った事から犬種名が
取られています。
テチチは無毛犬のチャイニーズ・クレステッド・ドッグとの交配で現在のスムースに近い型
が誕生したと考えられています。
その後パピヨンやポメラニアン等の長毛種と掛け合せてロングコートタイプが誕生しました。

全犬種の中で最も小型犬で手のひらサイズの子もいます。
標準体重は雄、雌共に0.8kg〜2.8kgで体高が12cm前後です。

      1.5kg台のネネ

 

 チワワのタイプいろいろ

チワワの被毛タイプは短毛のスムースコートと長毛のロングクートの2タイプがあります。
スムースタイプでは柔らかで光沢のある毛が密生して体に張り付き、首回りに襟巻き状
の首毛が見られます。
ロングタイプではややウエーブした絹糸状の長毛が密生しています。
耳、顎、四肢、尾には飾り毛が豊富にあります。
被毛2タイプに愛称が有り、スムースはスムチーでロングはロンチーと呼ばれています。

チワワの体形には2種類あります。
脚長タイプのハイオンと脚が短めで胴長タイプのドアーフと2種類です。

チワワの毛色は全ての色が認められています。
ブラック、レッド、ホワイト、クリーム、チョコレート等々
最近ではイザベラやブルー等の珍色や3色入ったブルーマールも加わりました。
元色に他色の斑が入ってるパーティーカラーもいます。
チワワの毛色は成犬になる過程でよく変化します。
ホワイトがクリームに変わって行く事もあります。
レッドの毛色は生誕時には黒い差毛で真っ黒ですが、
除除にレッド色に変化して行きます。


     とっても人気の高いチョコタンのロングコート

 チワワの外観ってこんな感じ!

アップルドームと呼ばれる頭に小さく引き締まった体、黒くて大きく輝く瞳は理知的さを
現しています。

頭部
  頭蓋は丸く、リンゴ形。しばしば泉門が認められる。
  目は体に似ず非常に大きく、少し出目で丸く暗色です。
  耳は大きく先が尖った立ち耳で警戒時には前に向き、休息時は約45度に
  向いている。
  ロングコートタイプでは耳に飾り毛を有する。
  鼻は少しとんがっている。ブロンドタイプの犬ではピンク色の鼻鏡も許されている。
  頬、吻は肉が薄い。
  咬合はシザーズバイト、又はレバルバイト。

ボディ
  頚はややアーチし適度な長さである。背は真っ直ぐでキ甲が高い。肋骨は張っている。
  胸は深く豊かである。
  腹部も充分に引き締まっている。
  体長と体高の差がない方が望ましい。

四肢
  前肢は真直ぐで繊細。
  後肢は筋肉質で飛節は低く位置し、充分に離れて内外転せず、丈夫な感じ。
  指は小さく引き締まっているが猫足ではない。


  適度な長さで背上か上方に丸く保持する。
  巻き込むほどであってはいけない。

欠点
  陰睾丸、オーバーサイズ、極端な不正咬合。
   
 チワワのかかり易い病気

超小型犬種で時に泉門が過大で、成長後も癒合不全の状態がよく見られる事が多い。
泉門部への衝撃(気圧の変化)は直接脳の損傷(機能障害)に至るので注意を要します。
膝蓋骨脱臼はチワワにきわめて多く発生する病気の1っである。

■頭部の病気
環軸亜脱臼 頚椎の第1と第2の関係が悪く、頭の位置をうまく保つことが出来ません。歯突起の骨折や欠損の場合も、同じ状態になります。首を無理に下げると危険です。
水頭症 先天的な場合と後天的な場合があります。頭に水が溜まってしまい、運動失調等が現れ、これがひどくなるとてんかん様発作などの様々な症状がでます。
後頭骨形成不全 うまく歩けなくなり、運動障害も現れ、これがひどくなるとてんかん様発作などの様々な症状がでます。なかなか診断もやっかいな病気です。
歯突起の欠損 首の後方にある歯突起が、産まれつき欠損する病気で、ふらふら歩いたりするなどの運動障害が現れ、これがひどくなるとてんかん様発作などの様々な症状がでます。
■骨の病気
膝蓋骨の脱臼 膝のお皿に相当する骨が内側に滑り落ちる状態になり、ひどくなると慢性的に痛み、跛行を呈します。
肩関節の脱臼 肩の関節が弱く、脱臼するときがあります。前肢をつくと痛がり、前肢を挙げたままになります。
■呼吸器の病気
気管虚脱 気管がつぶれた状態になり、呼吸困難を起こす病気です。
■眼の病気
角膜浮腫 角膜が白く濁り、眼やにが出て、疼痛がひどくなります。
乾性角結膜炎 涙の分泌が先天的に傷害されるため、眼がいつも乾燥し、眼やにが溜まります。
虹彩萎縮 瞳孔の筋肉の萎縮により、瞳孔の反射が障害をうけます。先天的な病気です。
続発性緑内障 眼の外傷や炎症による緑内障で、眼内圧の上昇により眼に疼痛が起こり、眼球が大きくなります。赤眼となり、視力に障害が起こります。初期の治療が重要です。
■歯の病気
歯石・歯垢の蓄積 歯が茶色く変色し、ひどくなると悪臭を生じます。そのころには細菌感染を起こし、その毒物を飲み込むことにより、全身に悪影響を与えます。
乳歯遺残 乳歯と永久歯が入れ代わるときに乳歯が残ってしまい、歯並びが悪くなることがあります。歯石や歯肉炎の原因になるので、早めに治療する必要があります。
歯肉炎 これは歯石、歯垢の蓄積が原因で、歯と歯肉の間に炎症が起こり、赤くなります。
■心臓・循環器の病気
肺動脈狭窄症 先天的な心奇形で、肺動脈の弁の部分が狭窄を起こし、血のめぐりが悪くなります。咳をしたり、動くと呼吸が早くなったりします。
僧帽弁閉鎖不全 老齢になると起こりやすい心臓の僧帽弁の障害で、咳や呼吸困難などの症状が慢性的に認められます。小型犬に多発する傾向があります。
三尖弁閉鎖不全 老齢になると起こりやすい心臓の三尖弁の障害で、僧帽弁閉鎖不全とほとんど同時に起こる傾向があります。咳や呼吸困難などの症状が慢性的に認められます。小型犬に多発する傾向があります。
僧帽弁異常症 先天的に僧帽弁が欠損して、産まれてきます。
■血液の病気
血友病 A 血液を凝固させる因子が先天的に不足するため、外傷による出血等で、止まりにくくなる病気です。古典的な血友病で、第VIII因子の欠乏が原因です。
■皮膚の病気
毛包虫症 幼犬に多発する寄生虫による皮膚炎で、頭部から発生し次第に全身に広がります。脱毛、皮膚の肥厚、乾燥がみられます。重症では全身膿皮症になり、治療が難しくなります。
マラセチア感染症 カビの一種の酵母菌による皮膚病で、なかなか治療がやっかいな病気です。
真菌感染症 カビによる感染症で、なかなか治りにくく、再発しやすい病気です。
皮膚の腫瘍 この犬種は、悪性黒色腫の素因を持ちます。
■泌尿器の病気
尿石症 血尿、尿が出にくい、嘔吐、疼痛などの症状が現れ、ひどくなると尿閉をおこし、尿毒症になります。
■神経系の病気
セロイドリポフスチン リソソーム貯蔵病で、性格の変化(攻撃性)、運動失調、頭部振戦、発作等が現れます。1〜9才の成犬に見られますが、治療法はありません。
蓄積症
低血糖症 子犬で発現しやすい疾患の一つです。急に元気がなくなって倒れたり、ひどくなるとてんかんの発作を起こします。
糖原病 グリコーゲンの代謝に関与する酵素の欠損が原因です。遺伝性の疾患で、臨床症状は、進行性の全身性の筋虚弱、肝腫大、嘔吐、巨大食道症です。
(グリコーゲン
貯蔵病)
■その他の病気
口蓋裂 口蓋が正中線で裂けている奇形です。鼻腔と口腔がつながるために呼吸や吸引運動が傷害されます。
難産 出産のときに難産になることがあります。陣痛が始まってもなかなか子供が生まれないようであれば、すぐに獣医師に連絡しましょう。
脂肪肝 肝臓に脂肪がたまります。その脂肪が異化作用を起こします。
停留睾丸 片側、または両側の睾丸が生後一ヶ月以上たっても陰嚢の中に認められない疾患です。繁殖には適しません。
セルトリー細胞腫 睾丸にできる腫瘍で、片方の睾丸が大きくなります。いずれは去勢する必要があります。比較的、転移はまれですが転移することもあります。
乳腺腫瘍 雌では2.5才以下に避妊すれば、乳腺腫瘍の発生率が低くなることがわかっています。また、子宮蓄膿症や難産などの病気も防ぐことができます。


 わんこと人間の標準年齢換算表

人  間
1ヶ月 1.5歳
2ヶ月 3.5歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 10歳
9ヶ月 15歳
1年 18歳
1年半 20歳
2年 24歳
3年 28歳
4年 32歳
5年 36歳
6年 40歳
7年 45歳
8年 50歳
9年 55歳
10年 60歳
11年 63歳
12年 67歳
13年 71歳
14年 75歳
15年 79歳
16年 84歳
17年 88歳
18年 93歳
19年 98歳
20年 103歳
チワワの最高寿命 25歳
チワワの平均寿命 14歳





Copyright (c) 2003 チワワ専門犬舎 GIZMO MOON HOUSE (ギズモ・ムーン・ハウス)
このサイト内で使用されている画像もロゴマークなども一切の無断転載、転用をお断りいたします。